デザインについて

デザインなどについて勉強しました。今日では、大量消費を前提とした大量生産から生み出される多量の包装ゴミは、廃棄物の処理といった環境問題を生み出します。よってパッケージデザインは、その計画段階からリサイクルといった廃棄処理を考慮に入れた計画も必要となってきています。次に、包み方にはどのような方法があるのでしょうか。わが国で古くから用いられてきた方法と、現代の印刷技術を応用した大量生産によって生み出されるパッケージについて考えてみましょう。日本には、「伝統パッケージ」とよばれる合理的で美しい包み方があり、現在も利用されています。使用される材料としては和紙・木・竹・笹・藁・土があり、単独または複数組み合わされて使われています。たとえば、和紙は折ったりひねったりして内容物を包みます。木は組んだり、あるいは薄く削って巻いて使います。竹は割ったり、薄くさいて編んだり巻いたりします。また笹には、包んだものが腐敗しにくくなるといった性質や、採集し乾燥して保存しておいた笹に熱湯をかけると鮮やかな緑色がよみがえるという性質があり、ちまきや寿司のパッケージに上手に利用されています。これらの材料は、全て自然に戻すことのできる材料であり、加工方法も自然に即していますが、これらの伝統パッケージは大量生産には向いていません。しかし、自然の材料とその性質をうまく利用してできあがった形は、現代のパッケージデザインを考えるときの良い手本とされています。

更年期のサプリおすすめ